相続は被相続人の財産を相続人が受け継いでいきます。
最近では、遺言などで財産の分配を指定することも増えています。

しかし、遺言での指定があったとしても相続人は相続をするか・しないかを選ぶことができます。
そのため、遺言での指定があっても相続されないケースも増えています。

相続を行なう上で、3か月以内に相続をする・しないの選択を行ないます。
①相続をする場合
・遺言書があればその指定に従がい分配する
・遺言書などがない場合は、法定相続分通りに分ける

②相続をしない場合
・負債など債権者側に返さなくてはいけない状態の方は、家庭裁判所で相続放棄の申し立てを行なう
・負債などが無く、相続の手続きが面倒で他の相続人が手続きを行なってくれる場合には、相続人間での遺産分割協議書内で「自分の取り分は無くていい」との文言を記載するだけでいいとされています。

※相続放棄を行なう場合は、相続財産に触れないことが前提であります。もし、触れる行為が意図的でないにしろ触れた時点で「単純承認」として相続しなければなりませんので注意しましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。