相続が始まり被相続人の財産を相続人が相続をする。という流れが一般的な流れになります。しかし、相続人が全くいない被相続人の財産はどうなるのか。

相続人が全くいない場合としては、以下の状況が考えられます。
・相続人全てが相続放棄を行なった場合。(始めから相続人でなったことになるため)
・相続人の存在が明らかでない場合。
・被相続人の親族が全て他界している場合。

このような場合に、その方の財産を管理し精算を行なう者を「相続財産管理人」と言います。
「相続財産管理人」はその方の利害関係人(被相続人の債権者、特定遺贈を受けた者,特別縁故者など)が債務を支払うなどして精算を行ないます。また、残った財産については国庫のものになります。

また、相続人ではないが被相続人の療養看護や特別に縁故があったものなどが特別縁故者として財産を相続する場合があります。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。