当センターに寄せられるご相談に相続権の主張に関するご相談をお受けすることがあります。

実際にあったご事例をご紹介しますと、被相続人に配偶者、子がおらず、直系尊属もいらっしゃらないケースで、相続人が兄弟姉妹とその代襲者のみの相続でした。ご相談者は被相続人から見て姪の方で、姪の方は相続権があるにも関わらず、疎遠になっていて相続の時だけ自分に権利があると主張するのは心苦しいので相続するのを戸惑っていて、どうしたらいいか?といったご相談でした。やはり心情的な部分からそういったお悩みを抱えている方も多いかとは思いますが、法治国家の中で法律で定められている法定相続分ですから主張して恥ずかしいことではありません。
こういった場合直接相続人とお話をすると心にもないことを言われたり、トラブルに巻き込まれたりと思ってもみない状況にもなりかねないので、専門家の方に入ってもらい盾になってもらいながら進めて行くのがよいでしょう。