相続人間で遺産の詳しい内容を教えてくれないというご相談があります。
例えば、母が亡くなり、同居していた相続人のみが財産の内訳を知っており、その他の相続人に財産の内容を教えないといったことです。

やはり相続人としては遺産の内容を知りたいと思います。

こうなった場合、弁護士さんなどに依頼して助けてもらうのが一般的になりますが、相続人であれば誰でも調べることが出来ます。
仮に預貯金であれば、亡くなったご本人様の金融機関と支店名がわかれば直接金融機関に問い合わせて確認ができます。不動産は地番などを知っていれば法務局で登記の情報が取得できます。

ただ実際に手続きをしていくとなると、相続人であることを証明する戸籍謄本から、他の必要書類に洩れがないように集めなくてはいけないので、時間と手間がかかることを念頭に入れておきましょう。