遺産分割協議書は、遺産分割協議において、スムーズかつ確実に進めるために作成したりしますが、絶対に作成しなければならないものではありません。
ただ、不動産の名義変更や相続税の申告がある場合には、提出が求められますので作成しておかなければいけません。
不動産の名義変更や相続税の申告がない場合でも、上記の通りスムーズかつ確実に分割協議を行うために作成しておくことにより後になってこれは違うなどの相続人の間で問題がおきても防げる役割を果たしてくれます。

では、相続人の間で遺産分割協議書を作るにあたり無効になるケースがありますので簡単に書いておきます。

1、相続人全員が協議に参加していない場合
2、相続人ではない者が遺産分割協議に参加した場合
3、分割協議後に遺言が発見された場合
4、漏れていた遺産があった場合
5、遺産分割協議書作成後に遺言が見つかり、遺言のあることが分かっていれ
ば、協議書のようにはならなかったという場合

このようなケースが実際あります。
みなさんでせっかく作った遺産分割協議書をまた作り直したり再度、時間を費やすのも大変ですので、もし遺産分割協議書を作成するという方は注意しながら行っていきましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。