当センターに寄せられるご相談の中に「保険金等は分割できないのか?」、「保険金の受取人に指定されているのだが相続人みんなで分割しなければいけないのか?」というお問い合わせを頂くことがあります。
この保険金ですが、受取人が指定されている場合は、その受取人固有の財産として扱われる訳ですから、遺産分割の対象になるかならないかは受取人の名義によって変わってきます。

受取人が被相続人になっている場合、被相続人固有の財産となりますので、遺産分割の対象になります。
受取人が被相続人以外に指定されている場合は、その受取人の固有財産となりますので分割する必要はありません。

ただし、著しく不公平だと判断される場合もあり、その際は特別受益としてみなされる場合もありますので注意してください。

最高裁平成16年10月29日判決
死亡保険金は,民法903条1項に規定する遺贈又は贈与に係る財産(特別受益財産)には当たらないと解するのが相当である。
もっとも,保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合には,同条の類推適用により,当該死亡保険金請求権は特別受益に準じて持戻しの対象となると解するのが相当である。