日常生活の中で銀行を使用されてない方はほとんどいないと思います。
近年、銀行は口座振替など現金を直接出し入れを行なわず、指定した日付に振り込み・引き落としができる便利なサービスが当たり前になり便利になっています。

ここで、相続が発生し亡くなった方には負債があったとします。
この場合に口座からの口座振替を利用していたとし、この時に、相続人同士で負債があるので「相続放棄」を行なうことになったします。
しかし、相続放棄の手続きを進めている途中で被相続人の口座から負債の引き落としがあると、「単純承認」とされ「相続した」とみなされてしまい「相続放棄」ができなくなります。
そのため、相続の発生とともに口座の凍結を行ってください。

口座の凍結を行なえば、口座振替なども一切できなくなります。
このように、便利さ故に目に見えないところでの動きが最悪のケースなったこともあります。
一度、口座の凍結を行なうと解除するのに面倒な場合があり凍結を行なわない方もいらっしゃいますが、しっかりと準備を行ない「相続放棄」を考えている場合は確実に、口座の凍結を行ないましょう。