相続の際、カードローンによる負債が出てくるケースは決して少なくありません。
こういった時は、それ以外で正の財産(プラスの財産)が見当たらない場合は、相続人皆さん、相続放棄の手続きを取られるのが一般的といえるでしょう。

しかし、注意点がひとつあります。
例えば、カードローンの契約日が非常に古い場合は、負債ではなく、逆にカードローンの過払いの可能性もあるのです。
そう言った場合は財産調査をするのが良いでしょう。

実際に財産の調査を行い、他の財産が出てこなければ、相続放棄の手続きをし、逆に過払いであれば、過払い金返還請求を行えます。
その他にも、プラスの財産が出てきた場合は、相続人で分割協議を行う形になります。

この様に、カードローンと言っても、調べてみるとプラスの財産になる可能性もある訳です。
その為、単純に相続放棄するのではなく、専門家に依頼して、被相続人の財産調査を一度することをおすすめします。