遺産相続とは、被相続人の亡くなられた日の法律が基本になりますので、知っておいた方が良いでしょう。
そこで、相続の歴史について簡単に説明します。

武家時代などまでさかのぼってみると昔の遺産相続は、長子単独相続といい最初に生まれた子いわゆる長子が相続をしていました。この時代の長子とは長男のこといい、長女ではないということです。
したがって、男女関係なく最初に生まれた子が相続するという本来の長子とは言えないことが多くあります。また、この時代の相続する相続財産は、お金や家だけでなく、地位や家督も含まれていました。

このように、長男が遺産相続をするという風潮は今でも名残があり、偏った遺産相続が発生してしまいます。
家族が平等に遺産相続できるよう民法があるわけですから、ちゃんと知識を蓄えておきましょう。