遺産分割協議をしていく上で、誰にどれぐらい遺産分割すれか分け方が難しい財産があるときに、いくつかの方法で遺産分割協議をします。

例えば、相続財産が住んでいた土地しかない場合、それを相続人の1人が単独で相続するのか、それとも共有名義にするのか、はたまた土地を売却して現金を相続人で分けるのかなど、遺産分割の方法は法律では定められておらず好きに分割をして良いのです。

その中のひとつである換価分割とは、上記の土地しか相続財産がない場合、その土地を売却して現金を相続人で分ける方法です。
要するに、売れるものは売ってしまい、現金を相続人で公平に協議するということです。他には、車、有価証券、骨董品などがあります。

しかし、処分に費用がかかったり、売る時に所得税の対象になったりと、換価分割する上で注意しなければならない点もあります。