遺言書がない場合や、遺言書の中に遺産の分割方法が記載されて居ない場合は、残された財産をどの様に分割するか、相続人間で協議を行わなければなりません。

そして、遺産分割協議は、相続人全員が参加する必要があり、仮に1人でも欠けた状態で分割協議書を作成した場合、その協議書は無効となってしまいます。

この遺産分割協議を進めていく上で、トラブルになりやすいのが特別受益と寄与分です。

特別受益とは

相続人が複数いる際に、その一部の人が被相続人より生前に特別な贈与を受けていた場合、法定相続分通りに分けると不公平になってしまいます。これを公平にする為に、相続分から生前に受けた贈与の分を差し引く制度を特別受益と言います。

寄与分とは

相続人の中に、被相続人が行っていた事業に必要な資金提供や、財産の増加に貢献した人がいた場合、法定相続分通りに分けると不公平になってしまいます。これを公平にする為に、貢献した人の取得分を増やす制度を寄与分と言います。

特別受益と寄与分は状況によって認められるケースと認められないケースがあり、非常に複雑な制度です。
上記制度の事はもちろん、その他のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。