被相続人の方が亡くなられた後、財産を相続するために相続人全員で遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作成しなければなりません。(遺言書があるときは別です。)

なぜ遺産分割協議書を作らなければならないのか

・相続人全員が合意していることを明確にする
・被相続人名義の不動産や預貯金など各種手続きに必要
・後々、「気が変わった」などの無用なトラブルが起きないようにする
・相続税の申告に添付が必要
このように、相続をする上で最も重要な書類と言っても過言ではありません。

上記のとおり、これだけ重要な書類にもかかわらず、遺産分割協議書には決められた書式や形式がないのです。
国民相続生活センターでは、遺産分割協議書のご相談は日々増えております。
遺産分割協議書でお困りの方、お気軽にご相談ください。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。