日々のご相談の中で遺産分割協議のやり直しをしたいという方が、時たまいらっしゃいます。

本来、遺産相続とは相続人全員の同意のもと協議され、遺産分割協議書を作り、相続の手続きをして完了させます。
しかし、「内容に不備があった」や「事情が変わった」など相続人全員の合意があれば、遺産分割協議のやり直しが可能で、再度遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作り直し手続きをやり直すことができます。
また、上記のようなケースと別で、相続人の誰かが欠けている遺産分割協議やあとから隠し子が出てきたなどで別の相続人が現れたりした場合は、法律上、遺産分割協議が無効で遺産分割協議をもう一度やり直さなければなりません。

逆に、相続人の誰かが「不服がある」と後から言い出しても、他の相続人が「やり直しは認めない」と言えば、遺産分割協議のやり直しはできません。相続人1人のわがままは通らないということになります。
印鑑や書類を誰かに預けて相続の手続きを任せるという事は、後で自分が損していることに気付いても相続人全員が認めない限り過去には戻れないので、そのようなことはやめましょう。