相続をしていくにあたって一番初めに行うものが相続人の調査・相続人の確定です。

「相続人はわかりきっているのに調査をする必要があるのか?」というお問い合わせも多数お伺いした
ことがありますが、この相続人調査はとても皆さんが思っているよりもとても重要なことです。

以前ご相談をお受けした際にこのようなことがありました。

相続人が配偶者と子供しかいなかったので二人で分割協議を行っていたところ、被相続人に養子がおり分割協議のやり直しをしなければいけないはめになってしまい、勝手に分割協議をされていたことに怒った養子は態度を硬化させ、まったく相続手続きが進まない状態になってしまいました。
この方は弁護士に依頼をして分割調停を行い相続をする形になりましたが、きちんと相続人の調査を行っていたらどうでしょうか?このようにもめることはなかったかもしれません。
相続人の調査を行っていくにあたって隠し子や、養子が見つかることは少なくありませんから、無駄な衝突を避ける為にも相続人調査・相続人の確定は慎重に行いましょう。