Eさんは三人兄弟の長男として、父から生前に「土地はお前にやる」と言われていました。

そして父が亡くなり、財産である土地は長男に受け継がせることに、兄弟みな同意で問題はありませんでした。

これなら分割協議書は作らなくても大丈夫だと、名義の変更もせず10年以上、固定資産税を払い土地の管理をしてきました。

Eさんはそろそろ土地を自分の名義に変更しようと手続きを開始したのですが、名義変更するには相続人全員の同意が必要な遺産分割協議書が必要であると知りました。

この10年以上の間で次男は亡くなっており、配偶者とその子供からも同意を得なければなりませんでした。
三男は「相続分があるのならやっぱり分割して欲しい」などと言われ困ったEさんは自分が長年管理し続けてきた事を説明しますがやはり同意は得られず、土地を売却することになってしまいました。

時間が経てば相続人も増えますし、各々の気持ちも変わってきます。手続きも大変になります。
やはり念には念をではないですが、分割協議書を作り名義の変更もしておくのが良いと改めて感じたお話でした。