相続人や相続財産などが確定し、相続人全員で遺産をどのように分けていくのかを、遺産分割協議で決めていくかたちになりますが、注意点や問題点を簡単に書いてみたいと思います。

・相続人間での繋がりがあまり無い
例えば、養子がいる場合や代襲相続人がいる場合、後妻と先妻の子で分ける、異母兄弟間で分けるなどお互い面識がないケースもあります。

・分割に向かない、相続したくない財産がある
被相続人が残した土地建物を均等に分けるのは難しく分割に向きません。
田舎の山林などは、売却が困難で管理も大変ということもあり相続が望まれないこともあります。

・分割協議後に新たな財産
しっかり財産調査をしたが、後から財産が発見されることがあります。
再度、分割協議を行うことになります。

相続の中でも、遺産分割は揉めやすいので事前に知識を入れておくと良いでしょう。