遺産分割協議のときに相続人間で話し合うことになると思いますが、その話し合いがまとまらないという場合、家庭裁判所での調停を行うことが出来ます。

実際、ご相談のなかで生前に被相続人の介護をしたなど、寄与分の事が話に出てきたりなど、相続人間でなかなか話がまとまらないといったご相談は少なくありません。

遺産分割調停では裁判官が一人、調停員二名以上が相続人の話を客観的かつ分け隔てなく聞いて、アドバイスや指導をしてくれます。

調停はあくまで相続人間での円満な解決を目的としていますので、指導などの強制力はありません。なので、この調停の段階でも不成立になることがあります。

調停を行い成立した場合は、法的に効力のある調停調書というのが作成され遺産分割協議を終わらせることになります。