生前に被相続人からマンションの購入の資金援助や車を購入してもらったなどの利益があった場合、他の相続人と公平をはかる形のことです。
相続分を先に貰うというイメージでいいかと思います。

兄弟の次男に住宅資金の費用で1000万円の資金の援助をしてもらったなどがわかりやすい例かと思います。
他にも生前贈与の対象は、結婚資金・株式・土地や建物などがあります。明確な基準がないのも事実です。

では簡単に、父が遺言書を残さないで亡くなり、遺産3000万円を相続人の妻と長男と次男の3人で相続することになったが、長男は生前にマンションの購入のために1000万円を援助してもらったとします。

この場合の計算例は以下の通り

妻  4000万円 ÷2       = 2000万円
長男 4000万円 ÷4−1000万円=     0円
次男 4000万円 ÷4       = 1000万円

となり、単純な特別受益の問題ですが、生前に長男は資金を受けていたのでこのような形で相続人の公平は保たれます。
     

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。