相続登記とは、相続が発生し相続財産の中に不動産があるときに発生する手続きになります。

登記の変更には定められた方法で価格を出して行ないます。
土地については、相続路線価で算出します。
建物については、固定資産税評価額で算出します。
ここの価格を間違えてしまうだけで、誤差が生まれますので注意してください。

次に相続人への分配方法としては、一旦相続人のどなたかの名義に変更します。
ここで、対象の不動産について相続人が売却しない場合には他の相続人の相続分を現金で渡す方法を取ります。これを代償分割と言います。
また、相続人の各相続分ずつ登記する方法として、共有名義で残す方法もあります。
対象の不動産を売却する場合は売却した際の売却金を相続人で分ける方法があります。これを、換価分割と言います。

相続にかかる登記は複雑な手続きになりますので、きちんと確認をしておきましょう。