不動産の相続は、ほとんどの相続について回る財産の1つです。
不動産の相続として相続人が多くいる場合には、その不動産を相続人で分割しなければなりません。
分割を行なう場合に、決まって2つの方法を選択します。

相続人がその不動産に住む場合と、住まない場合です。
住む場合は、相続人のどなたかが住む代わりにその不動産にかかる他の相続人の相続分について、現金を支払う方法になります。これを、「代償分割」と言います。
住まない場合は、相続人のどなたかの名義に変更していただき、売却を行ないます。売却で得た現金を相続人全員でその分配を相続分に沿って分配します。これを「換価分割」と言います。

この2点を活用して行なうのが、一般的な不動産の相続になります。
また、相続人全員で共有名義に行なうなどの方法もありますが、相続登記は登記の中でも特殊な部類に入ります。一度、専門家に相談されることをお勧めします。