相続財産の大半は、土地・建物といった不動産が主になる方が多いと思います。
そこで、相続を行なっていくときに重要な事として金額をどのように設定するかというところです。

相続財産の相続税を計算する際には、土地と建物で価格の出し方が変わります。
・土地の相続税計算に用いられる価格は、相続税路線価で計算します。
・建物の相続税計算に用いられる価格は、固定資産税評価額で計算します。

このように相続税の計算に用いられるものは時価ではなく路線価や固定資産税評価額になります。
しかし、相続財産の分配の際には価格の取り決めがないため路線価・固定資産税評価額・時価などと、どれで計算し分配してもいいとされています。相続財産の分配に関しては取り決めがない事から、様々な問題に発展することもあります。しかし、税法上の計算は時価などの高い価格で計算しない分、控除枠に収まる可能性も高くなります。

法律で決まっている以上は、法律に沿って行なう事となりますのでしっかりと準備・対策を行ない相続を完了しましょう。