相続が始まったら相続人の確定をし、その相続人達で、誰がどのようにして財産を相続するのかを話し合いをします。
それを遺産分割協議といい、その財産の分け方を記した書面を遺産分割協議書といいます。

そして、遺産分割協議は全ての財産を分けた段階で終了となします。
しかし、稀に遺産分割協議書を作成して、全ての財産の財産を相続し終わった後に、新しい財産が出てくるケースもございます。

そのような場合は、再度相続人間で遺産分割協議を行い、新たに出てきた財産を誰が相続するのか決めなければなりません。

この様に一度終わったと思っていても新たに財産が出てくればその都度行わなければなりません。
そうならないためにも、相続がはじまったら、遺産分割協議を行う前に財産の見直しを行うのが良いでしょう。