遺産分割協議を進めるにあたって、当然のことながら財産の内容を明らかにしておかないと先に進めることができません。
そのため、相続が始まったらまずはどの様な財産がどの程度あるのか、その内容をまとめた財産目録を作成するのが良いでしょう。
財産目録があれば、誰がどの財産を相続すると言った具体的な話が出来るため、スムーズに分割協議を進めることができます。

どうしても財産がどこにあるのかわからなかったり、財産の評価が出来ない場合は専門家に財産の調査を依頼するのが良いでしょう。

そのままにしておいてしまうと後々に出てきた際に、また協議をしなければならなかったり、トラブルになるケースも有ります。
遺産分割協議は1度で済むように財産を曖昧なまま終わらせないようにしましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。