遺産分割協議を進めるにあたって、当然のことながら財産の内容を明らかにしておかないと先に進めることができません。
そのため、相続が始まったらまずはどの様な財産がどの程度あるのか、その内容をまとめた財産目録を作成するのが良いでしょう。
財産目録があれば、誰がどの財産を相続すると言った具体的な話が出来るため、スムーズに分割協議を進めることができます。

どうしても財産がどこにあるのかわからなかったり、財産の評価が出来ない場合は専門家に財産の調査を依頼するのが良いでしょう。

そのままにしておいてしまうと後々に出てきた際に、また協議をしなければならなかったり、トラブルになるケースも有ります。
遺産分割協議は1度で済むように財産を曖昧なまま終わらせないようにしましょう。