遺産分割協議の中で、法定相続人の配偶者が話しの中に入っていることがあります。

実際に配偶者の親が被相続人のケースでは、その法定相続人の配偶者は養子縁組をしていない限り法定相続人ではありませんので、言わば部外者ということになります。

もちろん自分の配偶者が相続をして相続財産を承継すればその法定相続人の家族にとってはプラスです。
しかし、このような理由で法定相続人の配偶者が遺産分割協議の話合いに入ることがありますが、これがトラブルの原因になることがよくあります。

上記のように配偶者だけでなく、法定相続人の兄弟姉妹や法定相続人の子で実際に相続権を持たない人が遺産分割協議に参加して協議をぐちゃぐちゃにしてしまうことがありますので、協議に参加しない事が得策ですが、万が一同じテーブルに座るときはよく言動に注意して入ってください。