被相続人がお亡くなりになられて相続が始まったら、遺言書がない限り遺産分割協議をしなければなりません。
被相続人の相続財産を相続人の誰がどれぐらい相続するかを話し合います。この際に相続人の誰かひとりが納得がいかない場合には調停や審判をして相続を完了しなければなりません。

この遺産分割協議は、例え他の相続人の居場所がわからなくても、1度もあったことのない人でも必ず行わなければ相続の手続きをすることはできませんので、皆様が必ず通る道です。

しかし、近年、世間でも言われている相続問題や相続トラブルというのは、この遺産分割協議の際に起こるものがほとんどです。
被相続人になりうる方や、財産を多く有している方、生き別れた親がいる方など複雑なご家庭の場合は事前に準備や対策が必要だと思われます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。