被相続人がお亡くなりになられて相続が始まったら、遺言書がない限り遺産分割協議をしなければなりません。
被相続人の相続財産を相続人の誰がどれぐらい相続するかを話し合います。この際に相続人の誰かひとりが納得がいかない場合には調停や審判をして相続を完了しなければなりません。

この遺産分割協議は、例え他の相続人の居場所がわからなくても、1度もあったことのない人でも必ず行わなければ相続の手続きをすることはできませんので、皆様が必ず通る道です。

しかし、近年、世間でも言われている相続問題や相続トラブルというのは、この遺産分割協議の際に起こるものがほとんどです。
被相続人になりうる方や、財産を多く有している方、生き別れた親がいる方など複雑なご家庭の場合は事前に準備や対策が必要だと思われます。