当センターに寄せられるご相談に、判子代についてのお話をお伺いすることがあります。
そもそも判子代とは遺産分割協議を円滑にお行うために用いられる方法で、一人の相続人が相続財産を相続する場合、他の相続人が判子を押す(同意)する代わりに判子代として金銭を渡すという一種の代償分割です。

ただこの判子代には金額的な取り決めはなく、相続人の間で同意が得られる形であればいくらでも構いません。

このことから判子代の金額をめぐってトラブルになってしまうケースも多々あります。また相手への伝え方にも気を配らなくてはなりません。
「いきなり判子代を渡すから判子を押してくれ」では相手も態度を硬化してしまいます。

今お伝えしたように判子代を渡せばいいと一方で思っていても、金額や伝え方によっては逆に相続が円滑に進まないこともありますので注意が必要です。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。