当センターへのご相談の中で、「いきなり遺産分割協議書が送られてきて、その書面に署名捺印をして印鑑証明書を添付して返して欲しいと言われている」といいどうしたらいいのか、送り返していいのかという方がいらっしゃいます。

このように、代表相続人や兄弟の1番上の方が被相続人の財産管理や喪主などをして立場上、ご自身よりも上だった場合、萎縮してしまう方が多くいらっしゃいます。
もちろんご家族の関係上、特別受益や寄与分で今回の相続は遠慮しなければならない場合もありますが、基本的には相続権があるのであれば主張をした方が賢明でしょう。

実際に、署名捺印や印鑑証明書を送ってしまった後で、数年後に「やっぱりこうしたい」と思っても、やり直しは相続人全員が同意しない限り原則できませんので手遅れになってしまいます。
このような事態にならないためにも、協議をしていない分割協議書が送らてきたときは、1度立ち止まってよく考えて行動しましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。