当センターに頂くご相談の中で、遺産分割協議についてよく耳にする内容があります。
その一つが遺産分割協議書の書き方です。

被相続人が亡くなってから相続が始まり、被相続人の財産いわゆる相続財産を相続人で相続するには遺言書がない限り遺産分割協議書がなければほとんどの機関で名義変更などの手続きができなくなります。

相続人同士でトラブルがなく順調に遺産分割協議が終わっても最終的には、この遺産分割協議書を作らなければなりません。
しかし、一生に数回しかない相続の経験の中で遺産分割協議書を作りなれてる人はいらっしゃらないと思います。
法律で書き方が決まっているわけでもないし、決まった用紙があるわけでもありません。逆に決まり事があればわかりやすいかも知れませんがそうではないのです。

もし、どうにもこうにも書き方がわからない場合は、手続き完了までのスピードが違いますので専門家に相談または依頼すると良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。