相続が発生して、遺産分割協議を相続人で始めるにあたり、被相続人の相続財産を明確にしなければなりません。
その為にも相続財産全てを紙に起こして、財産目録を作成しましょう。財産目録は、誰が何を相続するかという内容の遺産分割協議書と同じぐらい重要です。
財産目録さえあれば、遺産分割協議もスムースになります。しっかりと全ての財産を調べておけば、万が一、後から別の財産が出てきても二度三度と、遺産分割協議をする必要がなくなります。

作成時のポイントは、相続財産の評価方法です。それぞれの財産には、それぞれの評価方法があり正しい評価方法で評価しないとトラブルの原因になります。
また、相続財産には借金などのマイナスの財産も含まれますので、マイナスの財産もしっかりと把握しておかなければ、相続放棄するかしないかの判断が鈍ってしまい方向修正ができなくなってしまいます。
相続財産になるもの、ならないものをしっかり見極めないと、多くの漏れが生じて後が大変です。財産の内容がわからない時は、専門家に依頼すると良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。