相続の問題は主に親族間のトラブルです。できるだけことを荒立てずに当人同士のお話し合いで解決することが望ましいですが、どうしても決着がつかない時は家庭裁判所を利用することになるかと思います。

当センターに寄せられるご相談の中に、早く決着をつけたいお気持ちから「分割協議がまとまらないので裁判を行いたい」というお問い合わせをお伺うことがあります。

ただ、原則として家事調停行うことが可能な親族間の相続トラブルなどの場合、訴訟を起こす前に調停を経なければならないという【調停前置主義】というものがありますので、調停があり、審判、裁判という流れが通常の流れになります。
いきなり裁判ではなくまずは、調停を行いましょうということです。

いきなり裁判だとその後の親族関係を維持していくことも難しく、また調停の段階で解決をすればそれに越したことはありません。
こういったところからこの制度があるように思います。
ですから相続の話し合いは順を追って慎重に行いどうしても解決しない場合は専門家・家庭裁判所の力を借りましょう。