遺産分割の際、誰が葬儀費用の負担をするかということでトラブルになってしまうケースがあります。

葬儀などのご供養は形式や方法が様々です。それによってかかる費用も色々あり金額が高額になることも多いです。
いざ遺産分割協議を始めた際に、最終的に誰が負担するかという点で揉めてしまいます。
根本で葬儀費用や香典は被相続人がなくなった後に発生するものなので、被相続人の財産ではない言われややこしいです。

トラブルにならないようにするには、葬儀費用を支払う前に相続人みなさんで誰がどのように負担するか、どこから支払うか話し合った方が良いでしょう。
しかし、被相続人が亡くなってからは非常に時間的余裕を取るのが難しいと思います。
喪主の方だけが負担すると不公平な事にならないように配慮してあげて、できるだけ揉めないように準備しておくか、ケースバイケースで遺産分割協議で話し合うのことをおすすめします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。