被相続人が亡くなって、いざ遺産分割協議をしようとしたときに相続人が未成年のケースがあります。
未成年と言っても、赤ちゃんから中学高校生と様々です。このような時には、代理人をたてなければなりません。

実際に未成年者は遺産分割協議に参加することができません。
親(親権者)が代理人になれれば良いですが、相続人の1人である場合その親(親権者)は未成年者の代理人として遺産分割協議に参加し遺産分割を行うことはできません。

なぜ、親(親権者)が代理人になれないかというと、親(親権者)は遺産分割の際、利益相反行為にあたるからです。

このようなケースだと、家庭裁判所に申し立てをして特別代理人を立てるのが一般的です。
遺産分割を進める為に、特別別代理人を選任しましょう。