遺産分割協議をしていく上で、誰にどれぐらい遺産分割すれか分け方が難しい財産があるときに、いくつかの方法で遺産分割協議をします。

現物分割は、1番単純でわかりやすい分割方法でしょう。その名の通り、被相続人の財産をそのまま、それぞれの相続人が遺産相続します。

例えば、土地建物は配偶者、預貯金は長男に、有価証券は次男、他の財産は三男に遺産相続するというように、相続財産を現物によって割り振りを決めます。しかし、現物をそのまま相続人の間で公平さが失われるというデメリットがあります。財産によってそれ相応の価値が違うので、公平を保てるような分割方法で協議しなければいけません。
もし公平さが保てないような大きな財産があるときは、以前にご紹介した代償分割や換価分割など方法も利用して慎重に遺産分割協議をするのが良いでしょう。