ご相談者様の中には、相続放棄をしたいけれど相続財産に手をつけてしまって困っている方がいらっしゃいます。

被相続人に負債があることを知り、相続放棄をしようと思ったときプラスの財産があっても相続財産には一切手をつけてはいけません。
むしろ相続財産に手をつける時は、必ず負債も含めて財産調査をしてから手をつけた方がいいです。

なぜなら、相続放棄をするということは、被相続人の相続財産に対して全くの無関係になるということだからです。そもそも相続人ではない
という解釈になります。
逆に、相続財産に手をつけてしまうと(預貯金を使ってしまったなど)、後から被相続人の債権者から督促状がきても、相続放棄の許可が認められなかったり無効になってしまいます。
相続財産に手をつけるということは、単純承認したとみなされるということです。
他にも、車や保険の名義変更、税金の支払いなど、安易にしてしまわぬように注意しましょう。