相続放棄は、相続人が順々に変わっていきますので各順位の相続人全員が相続放棄をしないと、親族の誰かが被相続人の負債を負ってしまうことになります。

例えば、被相続人が夫で、相続人が妻と子1人の場合、夫に借金があり妻子は相続放棄の手続きを家庭裁判所に申述し許可がおりたとします。
しかし、これでひと安心というわけにはいきません。
第一順位の相続人(妻子)が、全員相続放棄をしたことにより、第一順位の相続人はいなかったことになり、次に第二順位の相続人が相続人となります。その第二順位の相続人は、被相続人の親(健在であれば祖父母)です。もちろん負債は負いたくないので、親にも相続放棄の手続きをしてもらいます。
それが終われば次は、第三順位の相続人に移ります。第三順位の相続人は、被相続人の兄弟姉妹です。第二順位である親が以前に亡くなっている場合、第一順位の相続放棄後、この第三順位へと相続が引き継がれます。
さらに、兄弟姉妹の誰かが、被相続人より以前に亡くなっている場合は、その兄弟姉妹の子である甥や姪までが相続放棄をする必要があります。

また、相続人が第一順位の相続人だけで、第二順位と第三順位の相続人が、以前に亡くなっていたりしていない場合は、第一順位の相続人が相続放棄をすれば、すべて完了します。

このように、相続放棄は各順位が順々に手続きをしていきます。したがって、相続放棄の手続きに入るときは、事前に各順位の相続人としっかり連携をとっておきましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。