相続人が相続放棄をした場合は、はじめから相続人ではなかったものとみなします。
例えば、三人のうちの一人が相続放棄をすると、残りの二人で財産(債務)を承継することになります。
そして相続人全員が放棄したり、もともと相続人一人しかいない場合で放棄したら財産はどうなるのでしょうか?
まず、亡くなった方の財産は、相続財産法人とされます。利害関係人や検察官の請求により、家庭裁判所から相続財産管理人が選任されます。
そして、この管理人が財産を換価し、債権者の債権に応じて弁済することになります。

債権者に対しては,国が支払うのではなく,相続財産が国に帰属する前に,相続財産管理人が支払をするのです。対して財産が残る場合は国庫に帰属するとの決まりになっています。