相続放棄をしようという方へ、まず相続の開始を知ったときから3か月以内と期限があります。
そして相続人の間で「私は相続放棄します」と主張しただけでは相続の放棄をしたことになりません。

ではどうしたらよいのか?ということで今日は簡単にお話をしたいと思います。

必要書類を集め被相続人の最後の住所地の家庭裁判所へ行きます。
必要書類というのが相続放棄申述書、戸籍謄本、除籍謄本、住民票の除票と人印と身分証明証です。
※申述する人が誰かによって提出する書類などが違いますので注意して下さい。

家庭裁判所への申述が終わりましたら一週間程で家庭裁判所の方から質問書が送られてきますので返信します。その後、家庭裁判所から相続放棄申述受理という通知書が送られてきましたら相続放棄の手続きが完了となります。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。