被相続人が多額の借金を残し亡くなられた場合、遺族の方は早急に相続放棄の手続きをすることをおすすめします。
ただ、借金も条件によっては相続放棄をせずに、過払い金返還請求をした方が良いケースもございます。

そして、相続放棄は自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内という期間が決まっていますが、期間が過ぎてしまっても正当な理由などが認められた場合、受理されることがあります。
反対に3ヶ月以内であっても相続放棄が認められない場合もございます。

相続放棄をする場合は次の順位の相続人に相続の権利がまわったりもしますので、連絡などの配慮をしておくと良いでしょう。

一つに相続放棄と言っても色々なケースがございますので、お悩みの方は専門家に相談することをおすすめ致します。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。