相続放棄の手続きは3カ月以内と決まっていますが、どうしてもこの期限以内に申し出ることが出来ないなどの相談があります。

その場合には、家庭裁判所で相続放棄の期間伸長審判申立書を提出することにより期限の延長が出来る場合があります。
絶対に延長が出来るというわけではなく、ただ単に忙しいなどの理由では認められません。
相続財産の種類や複雑さ、評価が非常に困難な場合などによって家庭裁判所が総合的な判断を行います。
延長の期間もそういった要件によって違ってきます。

また、期間伸長審判申立書を提出してから裁判所の判断する時間もあります。
最低でも1週間~10日の判断時間も考慮した上で、3カ月の間に申し立てをしましょう。