相続放棄を安易に考えられている方や相続放棄自体を違った意味にとらえている方など多いように感じます。
この相続放棄は家庭裁判所に申述をして、家庭裁判所が受理をしないといけません。「口頭で相続人に相続をしない旨を伝えた」や「関わりたくないので他の相続人に任せている」など相続人の中での取り決めは相続放棄とは言いません。

また相続放棄にはルールがあり以下の物が挙げられます。

・自身に相続があることを知ってから三か月以内に申請をしなければいけない。
・プラスの財産に手を付けてしまったり、マイナスの財産つまり債務を返してしまったりすると、相続した(単純承認)とみなされ相続放棄ができない。
・相続放棄の申請は一度しかできず、二度目の申請はできない。

などが挙げられますので、手続きにあたっては慎重に行う必要があります。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。