通常の相続では、被相続人が残した財産を調査し、プラスの財産からマイナスの財産を差し引いた結果が相続人の財産になります。
そこで問題になるケースで、プラス財産とマイナス財産はっきりわかっていればいいのですが財産調査をしても、プラスの財産がわかりマイナスの財産がわからないケースがあります。
この場合、もしかしたらマイナス財産の方が多い可能性があり、負債の危険性も出てきます。
そのようなときに、限定承認を使うとプラスの財産の範囲内で債務を負担し、見えない債務からの不安をなくすことが出来ます。

一番いい方法にみえるため、誰もが選択しそうな気もしますが、実は、あまり利用されていないのが現状です。

これは、限定承認をするための手続きが、非常に複雑で面倒であるということです。

限定承認をお考えの方は一度、専門家に相談したり、自分で調べるのもいいでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。