通常の相続では、被相続人が残した財産を調査し、プラスの財産からマイナスの財産を差し引いた結果が相続人の財産になります。
そこで問題になるケースで、プラス財産とマイナス財産はっきりわかっていればいいのですが財産調査をしても、プラスの財産がわかりマイナスの財産がわからないケースがあります。
この場合、もしかしたらマイナス財産の方が多い可能性があり、負債の危険性も出てきます。
そのようなときに、限定承認を使うとプラスの財産の範囲内で債務を負担し、見えない債務からの不安をなくすことが出来ます。

一番いい方法にみえるため、誰もが選択しそうな気もしますが、実は、あまり利用されていないのが現状です。

これは、限定承認をするための手続きが、非常に複雑で面倒であるということです。

限定承認をお考えの方は一度、専門家に相談したり、自分で調べるのもいいでしょう。