相続の中で期限が決められているもののうち3ヶ月以内に行わなければならない手続きが相続放棄です。
人が亡くなると葬儀や四十九日法要、お墓などの手続きに追われ相続の手続きができないといったご相談をお受けすることがあります。
こういった忙しい最中、相続をするのか、相続放棄をするのか判断しなければなりません。
また3ヶ月を過ぎてしまうと単純承認といって相続したとみなされますので注意が必要です。
相続放棄をする前にはきちんと財産調査を行い被相続人の財産がどれぐらいあるのか?債務はどれくらいあるのか?確認をしてから判断しましょう。

この相続放棄は相続人の単独の行為になりますので誰かに一括してということもできませんのでご自身で判断をして、手続きを行いましょう。