相続の中で期限が決められているもののうち3ヶ月以内に行わなければならない手続きが相続放棄です。
人が亡くなると葬儀や四十九日法要、お墓などの手続きに追われ相続の手続きができないといったご相談をお受けすることがあります。
こういった忙しい最中、相続をするのか、相続放棄をするのか判断しなければなりません。
また3ヶ月を過ぎてしまうと単純承認といって相続したとみなされますので注意が必要です。
相続放棄をする前にはきちんと財産調査を行い被相続人の財産がどれぐらいあるのか?債務はどれくらいあるのか?確認をしてから判断しましょう。

この相続放棄は相続人の単独の行為になりますので誰かに一括してということもできませんのでご自身で判断をして、手続きを行いましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。