相続放棄のよくある質問をご紹介します。

被相続人と何十年も連絡を取ってなく、債務の知らせで亡くなったことを知りました。

親が離婚をして、離れ離れになった親がお亡くなりになり、一切連絡を取っていなかった為に後々借金の債権者側からの連絡で知るケースです。
このようなケースの場合、相続放棄は「自身の相続があることを知ってから3ヶ月以内」という期間が設けられてますので急いで相続放棄の手続きをしましょう。
債権が今回連絡が来たものだけではなく、他にもあるというケースは非常に多いのでプラスの財産が多くない限り、相続放棄をしてしまった方が良いでしょう。
また、相続放棄の際に必要書類として「被相続人の戸籍謄本」等必要になりますので、被相続人の情報が全くわからない場合は専門家に協力してもらった方が良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。