限定承認とは、相続によって得たプラスの財産を限度として被相続人の債務および遺贈を弁済すべきことを留保して相続を承認する制度です。

限定承認には、次のような場合に利用するとメリットがあります。
・負債のほうが多いのか、プラスの財産のほうが多いのかわからない場合
・相続人が家業や会社を引き継ぎたい場合
・先祖伝来の家宝など、特定の相続財産を相続したいとき
   
限定承認の手続きは、相続人全員で行わなければなりません。
そのため、誰か一人でも限定承認の手続きに反対したら限定承認自体ができなくなってしまいます。
ただし、一部の相続人が相続放棄をしていても、その人は初めから相続人でなかったものとして扱われますから、他の相続人だけで限定承認をすることができます。
しかし、単純承認した者がひとりでもいれば、限定承認の手続きはできなくなるので注意が必要です。