被相続人が亡くなってから被相続人が負っていた負債の取り立てを相続人が受けることがあります。

実際によっぽどひどい取立てであれば、相続放棄をすることによりその相続とは一切関係なくなりますので相続放棄することが望ましいでしょう。

相続放棄後に、債権者から連絡があった場合はしっかりと「相続放棄をしました」という事実を伝えることが大切です。家庭裁判所でしっかりと手続きを完了させ、そもそも相続人ではなくなることにより被相続人の債権債務全ての免責を放棄することと同じなのです。

しかし、その負債の連帯保証人になっていた場合は、相続放棄をしても意味がありません。なぜなら、連帯保証は被相続人が亡くなってからその負債は連帯保証人のものになってしまうので遺産相続とは別物になってしまいます。

このように、遺産相続と負債は密接に関係していますので、基本的には被相続人に負債が見つかった時は相続放棄を考えて親族としっかりと話合いをしましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。