被相続人が亡くなってから被相続人が負っていた負債の取り立てを相続人が受けることがあります。

実際によっぽどひどい取立てであれば、相続放棄をすることによりその相続とは一切関係なくなりますので相続放棄することが望ましいでしょう。

相続放棄後に、債権者から連絡があった場合はしっかりと「相続放棄をしました」という事実を伝えることが大切です。家庭裁判所でしっかりと手続きを完了させ、そもそも相続人ではなくなることにより被相続人の債権債務全ての免責を放棄することと同じなのです。

しかし、その負債の連帯保証人になっていた場合は、相続放棄をしても意味がありません。なぜなら、連帯保証は被相続人が亡くなってからその負債は連帯保証人のものになってしまうので遺産相続とは別物になってしまいます。

このように、遺産相続と負債は密接に関係していますので、基本的には被相続人に負債が見つかった時は相続放棄を考えて親族としっかりと話合いをしましょう。