相続放棄は例によって取り消すことができます。

まず、前提に相続放棄は、法律上相続人ではなくなるという強い効力があり、原則は撤回することはできないと定められています。
しかし、ややこしいのですが撤回はできないけれど、取り消しはできるということです。

取り消しというのは、詐欺や強迫によって相続放棄をさせられたケースや、相続放棄した相続人が未成年者であったなど制限能力者だったケースです。
取り消しできる期限は、詐欺の場合は騙されていたことに気づいてから6ヶ月、強迫の場合は脅迫が止んでから6ヶ月、未成年者の場合は成人した時から6ヶ月が時効によって取り消しができなくなります。
また相続放棄から10年以内に取り消しをしなければ同様に、時効によって取り消しできなくなります。これは、例えば詐欺に気づけなくて10年経ってしまうと、取り消しができないということです。

このように、自分の意思に反した相続放棄をしてしまった時は、解決策があるかもしれませんので諦めずにご相談ください。