相続放棄をしたいと考えると手続きに目が行きがちですが相続放棄は受理された後が大変だと言われています。

まず、ご自身で相続放棄の手続きをするだけでも注意点がいくつかあります。

・期間は三か月以内
・プラスの財産に手を付けてしまうと相続放棄できなくなる。
・申請は一度きりで失敗ができない。

などが挙げられますが、相続放棄が家庭裁判所に受理された後、債権者側に相続放棄をした旨を伝える作業が残っています。
債権者側に相続放棄をして相続人でなくなったことを知らせないと請求が止まることはありません。

ご自身が作った債務ではありませんから相手方がどのような人かもわからず、こちらから行動を起こすのが気が引けるというご相談者の方も多いように感じます。
また債権者側からするとお金が返ってこないわけですから気持ちよくお話しができるとも限りません。

上記にあげたように一言に相続放棄といっても【相続放棄の申し立て】【債権者側への対応】などがありますので、ご自身ですべてを行うのはなかなか困難になってきますので専門家の力を借りながら慎重に進めて行くのがよいでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。