相続放棄は全ての財産を相続しなくなりますが、限定承認は被相続人の財産を相続はするが、マイナスの財産が多くてもプラスの財産の範囲内でしか相続しない方法です。

例え、多額の借金があったとしても、プラスの財産の範囲でしか相続しないため、どうしても残したい財産がある時に使われるものです。
とても便利に思われがちですが、この限定承認は非常に難しいものとなってます。

限定承認の手続きをするには、相続開始から3ヶ月以内に、必ず相続人全員で行わなければいけません。
この「相続人全員で」と言う部分がポイントなのです。

相続人の内ひとりでも単純承認してしまうと限定承認の手続きは行えなくなってしまいます。
限定承認を考えている場合は、相続が開始してからすぐ相続人間で話し合いをしないと手続き自体行えなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

プラスの財産が多い場合はメリットがありますが、マイナスの財産が多い時はメリットが無い為、基本的には相続放棄したほうが良いと言えます。