当センターに寄せられるご相談の中に「債務はないが相続財産を受け取らないので相続放棄をしたい」という方がいらっしゃいます。

そもそも相続放棄とは負の遺産つまり借金があったり、今回の相続に関わりたくないなどの理由から家庭裁判所の承認のもと相続人ではなかったことにする手続きです。
これは債権者側や家族の外に対しての手続きになります。

今回のお話のように単純に財産を受け取らないという理由であれば分割協議書の中で受け取らない旨を記載し相続人が同意をすれば問題はありません。

またこのことを知らずに相続放棄をしてしまうとケースによっては、次の相続順位の方に相続権が移ってしまい
話し合いがこじれてしまう場合もありますので注意が必要です。