相続が発生して、相続放棄を検討される方が多くいらっしゃるかと思います。
しかし、相続放棄と一言で言っても「家庭裁判所に申立てする相続放棄」と「遺産分割協議内での取り分なしの相続放棄」と2種類あります。

相続放棄の理由の例

「家庭裁判所に申立てする相続放棄」

・被相続人の相続財産に負債がある、または、負債がある可能性がある
・他の相続人と面識がなく分割協議に難がある
・手続き等全てが面倒で何もしたくない
・被相続人の相続財産が何一つわからず、負債が出てくる可能性の方が高い
etc

「遺産分割協議内での取り分なしの相続放棄」

・分割協議の中で自身の相続する財産が特になく、それに同意している
・他の相続人と面識がないが相手方のいう通りに相続分はなしという合意をする
・相続財産はあるが別の相続の時に相続をしたので今回は遠慮する
etc